2012/1/15 日曜日

純米吟醸 花陽浴

Filed under: 日本酒 — JIND @ 21:23:55

埼玉にすごい酒蔵があった。羽生市にある南陽醸造

有名な酒処にひけを取らないばかりか、日本酒本来の味が楽しめる酒。

これは「純米吟醸本生にごり酒」 で、けっこうな量の「おり」が入っていて、

酵母が生きているから炭酸ガスが発生しているのです。

cimg1042.jpg

グラスに注ぐと大量の炭酸と、ほどよい濁り。

芳香な香りとうまみと酸味、そして飲み干したあとはスッキリ感。

だから、まったりとした変な後味は全くない。

cimg1047.jpg

2012/1/14 土曜日

ライビンガービールとツェッペリンビール

Filed under: ビール — JIND @ 7:25:21

南ドイツの地ビール「Leiginger」のEdel Spezial。

色は薄い感じに見えるが、何と言っても香りがいい。

飲む前にグラスに口を近づけただけで、爽やかなホップの香りが広がる。

飲み口はやさしい口当たりで、鼻を抜ける香りはやはり爽快さがある。

cimg0994.jpg

同じ醸造所ので作られた濃厚なビール。

ツェッペリンの名を冠しているだけに、飛行機の機内サービスとして優雅に飲みたい。

そんな、ビールだ。

cimg1041.jpg

しかし、ドイツのビールは奥が深い。

そして、優しい味だ。

2012/1/13 金曜日

札幌開拓使麦酒

Filed under: ビール — JIND @ 7:21:04

北海道産大麦麦芽、希少な富良野産ホップを一部使用した限定ビール。

濃いめの味がよく、ずしりとしている。

cimg0775.jpg

2012/1/4 水曜日

初温泉

Filed under: 旅行 — JIND @ 20:51:08

明けましておめでとうございます。

やはり、温泉に行かないと新年は始まらない!ということで、

栃木県さくら市の喜連川早乙女温泉にやってきました。

cimg1049.jpg

館内は簡素な木造の建物で、脱衣所も浴場も鄙びているが、硫黄臭が漂う館内はとても期待が膨らむ。

岩風呂風の半露天風呂で開放感があふれ、源泉がかけ流しされている。

硫黄臭+石油臭のする独特の香りは初めて。そして塩分も非常に多い濃い温泉だ。

多量の硫黄を含み、さらにその他の成分も多量に含む温泉はあまり無い。

cimg1051.jpg

朝だったので、お湯は鮮度がよく、透明エメラルドグリーン。すでに白い湯花が舞う。

これが、夜になると乳白色に変わる。それこそ硫黄の酸化度合いなどによってなせる技。

料金1000円は高いが、この平地でこれほどの硫黄に巡り会えるなら、近所だったら毎週2回は通うよ。

cimg1055.jpg

能書き「沸かさない 循環させない 毎日汲み替え それが早乙女温泉」だそうだ。

こだわりはとてもわかる。でも他にも能書きとか説明書きが多いような・・・。

cimg1058.jpg

宇都宮に南下して、栃木街道沿いにある朝日屋というお店で手作り餃子を食べる。

激辛の手作りラー油とともに、店主のおじさんとおかみさんの温かみを

感じるジューシーな餃子でとても美味しかった。

この店は「特製焼きそば」が有名ということで、それも注文。

香ばしく焼いた焼きそばが醤油タレに浸っている新感覚の味。これはヤミツキになる!

鄙びた店内もたまらなくイイ!

cimg1068.jpg

さらに南下して栃木市街まで行き、蔵の街付近で休憩。

カフェ・北蔵cafeひがのは国登録有形文化財「北蔵」の中にあり、

1階は煎餅売店兼カフェで2階は全席カフェスペースがあり、太い梁が間近。

手作りスイーツとコーヒーそして煎餅もついて、一息ついた。

やっぱり、鄙びたものはいいもんだ。

鄙びた温泉、鄙びた旅館、鄙びたカフェ、鄙びた食堂、鄙びた街・・・

HTML convert time: 0.121 sec. Powered by WordPress ME