2012/8/19 日曜日

夏の軽井沢なんとかビール

Filed under: ビール — JIND @ 14:47:12

軽井沢高原ビール BELGIAN WHITE

cimg3426.jpg

ベルギーホワイトビール。軽い口当たりで何杯でもいける。

分類的には発泡酒だけどね。

軽井沢高原ビール 2012夏季限定 Extra Special Bitter

cimg3533.jpg

ロンドン五輪はもう終わってしまったんだが、英国風エールビールの復刻版。

キャラメルモルトの深いこくとうまみが満載。

美しい琥珀色がまたいい感じ。

軽井沢サマーエール BOSSA NOVA IPA

cimg3390.jpg

OH!LA!HO!ビールの夏季限定品。

新しいインディア・ペール・エールってことですかな?

それにしても、この苦みはすばらしくイイ!

アメリカの地ビール並みの衝撃的苦さと爽快感。

まさに暑い夏に一杯のうまいビールだ。

みんなツルヤの御代田と軽井沢で買えるでしょう。

2012/8/18 土曜日

佐久乃花 純米吟醸 無ろ過生酒

Filed under: 日本酒 — JIND @ 16:33:10

長野の佐久乃花の酒。

cimg3356.jpg

長野県産ひとごこちを使用している。

数年以上前に、首都圏の居酒屋で扱われ始めたというTVがやっていたような記憶がある。

香りがよく、濃厚な味、すこし甘みを感じるがそれでいてキリリとしまりがある。

純米吟醸ながら、辛口の部類といってもいいだろう。

刺身なんかには絶妙な相性。

2012/8/17 金曜日

亀泉 純米吟醸 原酒

Filed under: 日本酒 — JIND @ 16:23:43

高知の亀泉の酒。

cimg3326.jpg

ラベルに日本酒のプロパティが書いてある。

日本酒度-12.0となっていて相当甘い。

ただし、この濃厚さ、フルーティーさ、適度な酸味と衝撃的な甘さ。

この酒は女性に特にお勧めできる日本酒だし、

日本酒のイメージも変えてしまうだろう。

すばらしい酒だ!

2012/8/16 木曜日

東力士 純米吟醸 極一滴雫酒

Filed under: 日本酒 — JIND @ 16:11:58

栃木の東力士の酒。

cimg3340.jpg

おり絡みと書いてあり、無濾過・生原酒ということで期待がふくらむ。

わずかにおりが絡み、薄い白色のような感じ。

ただ、期待ほどのフレッシュさ、酸味、香りはない。

それでも、香り良く、イイ酒ではある。

甘・辛でいうと中間ぐらいかな。

2012/8/15 水曜日

湯巡りと地方都市

Filed under: 旅行 — JIND @ 18:55:10

かなり久々に、群馬・湯端温泉~長野・虫歌の湯~山梨・韮崎旭温泉、山口温泉と巡った。

湯端温泉は民宿温泉とすればとてもイイでき。がんばってもらいたい。

cimg3331.jpg

虫歌の湯ははっきり言って中途半端。眺めや雰囲気への工夫が足りないだろう。

cimg3362.jpg

韮崎旭温泉、山口温泉は新鮮な気泡湯であり、すばらしかった。

cimg3374.jpg

さて、ここを回って思ったのは地方の寂れよう。

地方都市中心から少しでも離れようなら個人店は潰れ、小さな工場は閉鎖、旧家が朽ち果てる。

大工場は更地になったり看板がすり替わり、ドライブインやラブホは廃墟である。

たかが、5年でもこのように変化が激しい。

日本の地方都市の工業団地というのは小さすぎる。

タダでさえ海外工場とコスト勝負にさらされている今では全く勝負にならないのであろう。

だから、日本復活なんたらと言っているが、そもそももう限界。

今までの延長では、ますます地方は疲弊して人材流出になってしまう。

関東でもそうだ。東京に繋がっている線路周辺意外は地方都市と同じ状況。

もう方向転換のとき。

量より質。

質のいい農業、手工業・伝統芸、観光と周辺環境の一体整備とか。

ヒョロヒョロした杉林を間伐して立派な杉林にしないと・・・と思いながらの峠越えだった。

次のページ »

HTML convert time: 0.121 sec. Powered by WordPress ME