新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯

〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
TEL:0578-9-2021 FAX:0578-9-2023
http://kita-alps.yamagoya.gr.jp/sansou/nakazaki/
画像

新穂高温泉の最奥に位置し、古くは戦国時代に武田信玄の家来にも愛用されていたという古い歴史がある新穂高温泉発祥の宿。井上靖の小説「氷壁」の舞台にもなった宿である。しかし、2007年治水工事のため移転し旅館は閉館となった。2010年4月から日帰り温泉として再開。槍・穂高連峰の登山基地に建ち、檜をふんだんに使った暖かみのある内湯と、巨石を配した露天風呂もあるが旅館当時の豪快さには及ばないようだ。新穂高温泉の中でも、唯一の乳白色を呈し、お湯も滑らか。ほのかに硫黄の臭いが漂い、肌もスベスベの良質の温泉た。そんなこの宿専用の源泉は毎分1200リットルと湯量豊富だが源泉が熱すぎるのでわき水で加水している。ちなみにツムラの入浴剤「日本の名湯・新穂高の湯」はこの温泉がモデル。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★★
雰囲気 ★★★★
料金 ★★★★
総合 ★★★★★
泉質

硫黄泉

温度

98℃

PH

7.03

成分

時間

8:00〜20:00

定休

なし

料金

800円

宿泊

0円〜

種類

内湯、露天風呂、足湯

方式

かけ流し

設備

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 飲泉 
おすすめスポット

新穂高ロープウェイ

西穂高岳中腹・標高2150mまでを結ぶロープウェイ。展望台からは槍・穂高・立山を間近に望み、遠く白山連峰までの絶景を楽しめる。TEL:0578-9-2252 新穂高ロープウェイ

飛騨高山

江戸時代の町並みが残る高山。天領として栄えた時代が今に残り、伝統工芸や朝市、高山ラーメン、高山祭りと見所たくさんの街です。 飛騨高山

温泉へGOマップ

車で行くには?

長野道・松本IC→R158→安房トンネル→R471→奥飛騨温泉郷
東海北陸道・飛騨清見IC→高山→奥飛騨温泉郷

電車で行くには?

JR高山本線高山駅→タクシー・バス1時間
JR中央本線松本駅→松本電鉄新島々駅→タクシー・バス1時間

温泉バカ一代