別所温泉 大湯

〒386-1431 長野県上田市別所温泉
TEL:0268-38-5750 FAX:
http://www.ued.janis.or.jp/~zaisanku/
画像

古くは枕草子にも登場する信州最古の温泉の一つ別所温泉の共同浴場。大湯は平安時代末期に木曽義仲と葵の方が一緒に入っていた湯と伝えられ別名「葵の湯」ともいう。
共同源泉に昔の源泉(大湯源泉)を加えて温度調節されており、浴槽内で一部循環しているが、湯上がりスベスベの美人の湯。建物は湯屋づくりだが、内湯は石とタイルで作られた10人程度が入れる湯船で雰囲気は現代風。岩風呂の露天風呂は温泉街の中にあるため囲いで空しか見えず、ブロック塀がむき出しというのも残念だが、共同浴場で唯一の露天風呂が付いているのはうれしい。内湯と入り口で源泉を飲むことができ、美肌効果と飲用による内蔵疾患に効果がある。(内湯には昔の源泉が出ており、上がり湯として楽しめる)共同浴場は他に大師湯相染閣石湯があり、気軽に入浴できる。

泉質

硫黄泉

温度

53.1℃

PH

8.8

成分

時間

AM6:00〜PM10:00

定休

第1,3水曜

料金

150円

宿泊

種類

内湯、露天風呂

方式

かけ流し(一部循環)

設備

カラン 体重計 飲泉 
おすすめスポット

北向観音(常楽寺)、安楽寺

北向観音は善光寺と真正面に向かい合う北向きの厄除観音。本坊常楽寺は茅葺き屋根の味のある天台宗別格本山。常楽寺
安楽寺は日本で唯一八角形の中国風三重塔がある曹洞宗の古刹。建長寺を開いた蘭渓道隆と共に中国からやってきた樵谷惟仙が開いた。安楽寺

無言館

学徒出陣で散っていった美術学生の作品を集めた美術館。中世ヨーロッパの修道院のような建物の中に美術品300点が展示されている。
無言館

温泉へGOマップ

車で行くには?

上信越道・上田菅平IC→R144→R143→別所温泉

電車で行くには?

JR長野新幹線上田駅→上田交通別所線別所温泉駅下車→徒歩5分

温泉バカ一代