室賀温泉 ささらの湯

〒386-1541 長野県上田市上室賀1232-1
TEL:0268-31-1126 FAX:0268-31-1144
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/sys/20091103000001237.html
画像

上田市北西部、夏はホタルも見ることができる室賀川の脇に湧き出る温泉。元々は温泉熱を利用した農業振興のために掘削された温泉。泉質は硫黄泉で白い湯花や強い臭いはなくお湯は非常になめらかでツルツルというよりヌルヌル感が強い温泉。内湯は木が使われた暖かみのある雰囲気で、岩風呂と檜風呂の場合があり一ヶ月毎の交代制となっている。露天風呂は男女ともに岩風呂があり、景色は普通だが里山の風景を眺められる。朝風呂(5:00〜7:00)は300円と格安で地元の人に人気。また、浴場までの回廊には季節ごとの絵が飾られてちょっとした美術館としても楽しめる。温泉の入口には農産物直売所や食堂「ささら亭」では地元産のそば粉と天然水を使用した手打ちそばが味わえる。名古屋市の滝澤氏による「ふるさと寄付金」により2010年6月に露天風呂や洗い場を増設した。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★
雰囲気 ★★★★
料金 ★★★★
総合 ★★★★
泉質

単純硫黄泉

温度

50.7℃

PH

9

成分

333.1mg/kg

時間

10:00〜21::00

定休

第2,4木曜

料金

500円

宿泊

種類

内湯、露天風呂、サウナ

方式

かけ流し

設備

休憩室、食堂(ささら亭)、直売所、研修室

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 飲泉 
おすすめスポット

北向観音(常楽寺)、安楽寺

北向観音は善光寺と真正面に向かい合う北向きの厄除観音。本坊常楽寺は茅葺き屋根の味のある天台宗別格本山。常楽寺
安楽寺は日本で唯一八角形の中国風三重塔がある曹洞宗の古刹。建長寺を開いた蘭渓道隆と共に中国からやってきた樵谷惟仙が開いた。安楽寺

無言館

学徒出陣で散っていった美術学生の作品を集めた美術館。中世ヨーロッパの修道院のような建物の中に美術品300点が展示されている。
無言館

温泉へGOマップ

車で行くには?

上信越道・上田IC→R144→R143青木村方面→県道273室賀方面10分
中央道・麻績IC→上田・青木方面→R143→県道273室賀方面10分

電車で行くには?

JR長野新幹線上田駅下車、 タクシー30分

温泉バカ一代