奥蓼科温泉 渋・辰野館

〒391-0212 長野県茅野市奥蓼科温泉
TEL:0266-67-2128 FAX:0266-67-2429
http://www1.ocn.ne.jp/~sib-tatu/
画像

武田信玄の隠し湯として知られる奥蓼科温泉の一軒宿。奈良時代開湯と歴史が古く、戦国時代には川中島の合戦で負傷した兵士や馬の治療に使用されたといわれる名湯。深い森のなかにある重厚な建物の湯治場的温泉旅館。奥蓼科温泉で渋御殿湯と並ぶの乳白色の硫黄泉で、低温ながら効能は抜群。内湯の薬湯は、あたたかいお湯と源泉そのままの低温湯船が2つあり交互に入るのが効果的で体がピリピリする。露天風呂はシラカバ林を眺めながらの森林浴も楽しめる。日帰り入浴は要電話予約。風呂上がりにはお茶をサービスがある。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★★
雰囲気 ★★★★
料金 ★
総合 ★★★★
泉質

単純硫黄泉

温度

26.4℃

PH

2.92

成分

時間

AM10:00〜PM4:00

定休

無休

料金

1500円

宿泊

15000円〜

種類

内湯(薬湯、真湯)、露天風呂

方式

かけ流し(一部加温)

設備

旅館

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 飲泉 
おすすめスポット

尖石遺跡

縄文のビーナスと呼ばれる土偶が出土した遺跡。
当時は偶像崇拝に使われていた土偶だが、現在でもその美しさを失わない縄文人のデザインセンスは圧巻。対照的な仮面土偶も見事。
尖石縄文考古館

渋川渓谷・横谷渓谷

奥蓼科温泉郷を流れる渋川が刻んだ渓谷美。
多数の滝が点在し、深い森に抱かれた渓谷は新緑、紅葉時が一番見事。トレッキングにも最適な場所。

温泉へGOマップ

車で行くには?

中央道・諏訪南IC→R299麦草峠 →奥蓼科温泉郷
上信越道・佐久IC→R141→R299茅野方面→奥蓼科温泉郷

電車で行くには?

JR中央線・茅野駅下車→バス・タクシー30分

温泉バカ一代