加賀井温泉(松代温泉) 一陽館

〒381-1221 長野県長野市松代町東条55
TEL:026-278-2016 FAX:
画像

城下町松代に湧く松代温泉は、日蓮上人が佐渡へ流される時に入ったとか、武田信玄が川中島の合戦で負傷した兵士を入浴させたと伝わる歴史ある温泉。一陽館は以前は宿泊も出来たが現在は入浴のみの施設である。ナトリウムやカルシウムの他マグネシウムやカリウム等もミネラル成分が豊富に含まれた世界的にも珍しい温泉で、炭酸ガスの発砲によって自噴している。お湯は元々透明だが、湯船に注がれると空気に触れて茶褐色となり、湯船の周りは炭酸カルシウムが析出して見事な結晶となっている。内湯は鄙びた湯治場という感じであり洗い場はない。混浴の露天風呂は温度の違う2つの湯船があるが眺めは良くはなく、隣家の畑が目の前に見える。内湯と比べると露天風呂はかなりぬるいが、どちらもかけ流しで効能豊か。湯治目的にはオススメの温泉である。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★
雰囲気 ★★★
料金 ★★★★
総合 ★★★★
泉質

含鉄-ナトリウム-カルシウム・塩化物泉

温度

41℃

PH

6.46

成分

12680mg/kg

時間

AM8:00〜PM8:00

定休

無休

料金

300円

宿泊

種類

内湯、露天風呂

方式

かけ流し

設備

湯治用施設

飲泉 
おすすめスポット

松代城址(海津城址)

真田十万石の城下町。関ヶ原の戦い後、真田氏は上田から移封され幕末まで当地を治めた。幕末の偉人・佐久間象山を排出。

典厩寺

川中島の合戦で戦死した武田信繁(信玄の弟)を奉るお寺。 日本一の閻魔大王像がある。戦国武将の鑑と賞され、息子に遺した武田信繁家訓は
江戸時代の武士教育の手本とされた。

温泉へGOマップ

車で行くには?

上信越道長野IC→R403→松代町

電車で行くには?

JR長野新幹線長野駅→バス・タクシー20分
JR篠ノ井線篠ノ井駅→長野電鉄河東線松代駅→バス・タクシー10分

温泉バカ一代