竜ヶ窪温泉 竜神の館

〒949-8204 新潟県中魚沼郡津南町谷中
TEL:0257-65-5888 FAX:0257-65-5877
http://www.ryugakubo.com/
画像

名水百選として名高い竜ヶ窪の池の手前にある日帰り温泉。竜をイメージした曲がりくねった岩風呂風の「竜神の湯」と森をイメージした木の温もりがあたたかい「縄文の湯」がある。源泉は成分の濃い塩化物泉でやや緑がかったよく温まる温泉だが、源泉温度が高いにもかかわらずお湯が循環しており、塩素殺菌も行われているのでお湯の良さが半減しており残念。内湯はやや広く天井も高く外の消しも見える作り。露天風呂は非常に広く外の景色や周りの山々を眺望できる。ただ、お湯の良さが損なわれ、全体の雰囲気ももう一工夫が足りない非常に惜しい温泉施設だ。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★
眺め ★★★
雰囲気 ★★★
料金 ★★★
総合 ★★★
泉質

ナトリウム・塩化物泉

温度

60.1℃

PH

7

成分

8968mg/kg

時間

AM10:00〜PM9:00

定休

毎週火曜

料金

500円

宿泊

種類

内湯、露天風呂、サウナ

方式

循環

設備

休憩室、売店、直売所、ゲートボール場

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 
おすすめスポット

名水百選・竜ヶ窪の水

毎分30tもの大量の水が湧き出る竜ヶ窪の池。
昔、日照りで困り果てた村人が天上山へ食べ物を探しに言ったところ竜が寝ていた。そこに竜の卵があったので盗み出し食べようとしたところ、母親竜が襲いかかろうとしたが、村人の必死の願いで救われ、竜が雨を降らせて池ができ竜ヶ窪と名が付いた。

秋山郷

中津川に沿って、鳥甲山と苗場山の深い谷間にある12の集落の総称。冬には深い雪に閉ざされる陸の孤島となる秘境。平勝秀が落ち延びて村が開かれ平家の落人伝説も残る。独自の文化が今に残り日本の原風景を大切にしたい里。

温泉へGOマップ

車で行くには?

上信越道・豊田飯山IC→R117→竜ヶ窪
関越道・塩沢石打IC→R353→R117→竜ヶ窪
北陸道・上越IC→R353→R117→竜ヶ窪

電車で行くには?

JR飯山線・津南駅下車→タクシー10分
JR上越新幹線・越後湯沢駅下車→バス・タクシー60分

温泉バカ一代