〜真・温泉伝説〜温泉バカ一代[onsenbaka.jp]
温泉入門
東北
秋田の湯
岩手の湯
福島の湯
山形の湯
甲信越
長野の湯
北信編
東信編
中信編
南信の湯
山梨の湯
新潟の湯
関東
東京の湯
千葉の湯
埼玉の湯
神奈川の湯
群馬の湯
栃木の湯
東海
静岡の湯
岐阜の湯
北陸
富山の湯
石川の湯
近畿
京都の湯
四国
香川の湯
徳島の湯
愛媛の湯
高知の湯
九州
熊本の湯
特集
温泉壁紙
番付の湯
信玄の湯
温泉一覧
その他
掲示板
リンク
風呂具の湯(ブログ)
端書の湯



温泉入門

はじめに

温泉バカ一代にお立ち寄りありがとうございます。
当サイトは管理者が自分で実際に温泉に行き、真実の温泉情報、レポートと評価をしています。
管理者がインターネットで温泉を探すときに感じた点(内容がわかりにくい、印刷に適していない、文章が長い、 情報が少い、写真がない、デザインがイマイチなど)を考慮して、自分が考える「使える温泉サイト」というコンセプトで制作しています。 利用者の立場に立った温泉レポートを心がけ、温泉の質の向上を目指しています。

温泉情報を見るには、左側の各県の湯から温泉名をクリックしますと、新しいウインドウが開き各温泉ページを見ることができます。

温泉バカの格言

理想は滑らかな乳白色の硫黄泉   自然と調和した風情と雰囲気   浸かったまま眺められる絶景   湯船から溢れ出るかけ流しのお湯   料金は800円以下   清掃道具を浴室の中に置かない   温泉歓楽街は必要ない   温泉プールは邪道   インチキ温泉に気を付けよう   天然温泉という言葉を使うな   温泉は銭湯やプールではない   源泉特有の臭いを味わえ   レジオネラ菌対策に塩素を使うな

各温泉ページの見方

各県のページから温泉名をクリック。
新しいウインドウが開き温泉ページが表示されます。
例:こちら 温泉ごとに新しいウインドウが開きます。
読み終わったら、クローズボタンを押してください。

温泉の評価

温泉バカ一代では温泉に対する評価を行っています。
各温泉を『泉質』、『眺め』、『雰囲気』、『料金』、『総合』の5項目で評価。
実際に温泉に行ってみて、入ってみて、5点満点で評価。個人的好みも加味されています。
判断基準は、以下の通りです。

泉質 温泉分析表からの成分・組成割合、鮮度の良さ、個性を感じるか。
かけ流しされているか。お湯の臭い、肌触り感、湯上がり感。

眺め お湯に浸かったままで遠くの景色を眺められるかどうか。
景色を配慮した作り、立地、方角などがしてあるかどうか。

雰囲気 温泉と景色、周辺の雰囲気、建物の雰囲気が調和されているか。
違和感の感じない工夫と演出がされているか。

料金 温泉に入ったあとに、その値段で納得できたかどうか。
日帰り入浴自体は基本的に800円以下が好ましい。

総合 上記、4項目を総合的に判断。
また、来てみたいと思えるような温泉であったか。


温泉の設備


各温泉ページにはそろっている設備をアイコンにて表示しています。
shampoo
b-sorp
sorp
karan
shawa
dryer
weight
drink
シャンプー
ボディソープ
石けん
カラン
シャワー
ドライヤー
体重計
飲用可能

温泉まめ知識


温泉とは?

地熱のため熱せられ地中からわき出るお湯。
また、それを利用した浴場のある土地、設備、旅館など。(辞書)
さらに、法律上では温泉法という法律のもとで、
源泉の温度が25℃以上で、以下の物質が1つでも基準値以上含まれていることとされています。

物質名
含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 
総量1000mg以上
遊離炭酸(CO2) 
250mg以上
リチウムイオン(Li+) 
1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr2+) 
10mg以上
バリウムイオン(Ba2+
5mg以上
鉄(II)イオン又は鉄(III)イオン(Fe2+,Fe3+) 
10mg以上
マンガンイオン(Mn2+) 
10mg以上
水素イオン(H+)
1mg以上
臭素イオン(Br-
5mg以上
ヨウ素イオン(I-
1mg以上
フッ素イオン(F-
2mg以上
ヒドロヒ酸イオン(HAsO42-
1.3mg以上
メタ亜ヒ酸イオン(HAsO2
1mg以上
総硫黄(S)(HS- + S2O32- + H2S)
1mg以上
メタほう酸(HBO2
5mg以上
メタけい酸(H2SiO3
50mg以上
重炭酸ソーダ(NaHCO3
340mg以上
ラドン(Rn)
20(100億分の1キューリ単位)以上
ラジウム塩(Raとして)
1億分の1mg以上

また、特に治療目的に用いる効能が高い温泉を養療泉と呼び、以下の条件のどれか一つを満たすこととされ、泉質名を決定することができます。以下の条件に一つでも満たない温泉は泉質名が付けられません。
物質名
含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 
総量1000mg以上
遊離炭酸(CO2) 
1000mg以上
銅イオン(Cu2+) 
1mg以上
鉄(II)イオン又は鉄(III)イオン(Fe2+,Fe3+
20mg以上
アルミニウムイオン(Al3+
100mg以上
水素イオン(H+)
1mg以上
総硫黄(S)
2mg以上
ラドン(Rn)
30mg以上

温泉と鉱泉(冷泉)の違い
温泉・鉱泉温泉の中には鉱泉と呼ばれるところもあります。名前が違うからといって温泉ではないと思ってはいけません。含んでいる物質が同じでも、 温度が25℃以上であれば温泉、低ければ鉱泉(冷泉)と呼ばれます。 鉱泉(冷泉)は、沸かして温泉として使用しています。もちろん、源泉が40℃前後未満の温泉で湯船で40℃以上あるような場合はは、すべて人工的に沸かしていることになります。ミネラルウォーターに原材料:水(鉱泉水)と書いてありますが、これも鉱泉なのです。特に硬水といわれる硬度100以上の水は温泉に負けないくらいのミネラルが含まれています。ダイエットに効くと言われているコントレックス(Contrex) も硬度1551と高く、温度が高ければ効能豊かな温泉だったでしょう。最近では、「鉱泉」はイメージが悪いためか、鉱泉であっても温泉と称している施設も多くあります。 それは、鉱泉を温泉と称しても特に法律的にも問題ないためです。
 
かけ流し(掛け流し)湯と循環湯の違い
 
   
温泉には 源泉のお湯をそのまま使った[かけ流し]温泉と、一度使ったお湯を再利用して循環させている[循環湯]温泉があります。 湯船の脇からいつもお湯が流れ出ていれば源泉そのままと言っていいでしょう。 湯口でお湯が飲めるところはたいていかけ流しです。しかし、お湯が流れ出ていない湯船の場合はほとんど、循環湯と思ってください。湯量が豊富にある温泉であればかけ流しを行っても問題ありませんが、湯量が充分にない温泉がかけ流しにこだわり、お湯のくみ上げすぎや沸かしすぎは資源の無駄になり温泉資源の枯渇につながる可能性もあるので、湯量に応じた湯船が本来の姿です。

 
   
循環湯では湯量不足や温泉資源保護という点で最適なシステムですが、こまめに清掃をしていない施設ではレジオネラ菌が繁殖しやすくなります。また、このような循環湯やお湯を薄めたり一部しか源泉を使っていない温泉が、 「源泉100%」とか「天然温泉」などと誇大表示している場合があるので、気を付けましょう! ちなみに「天然」でなければ「温泉」とは言えないのです! 「天然温泉」という言葉は二重修飾していますので使わないようにしましょう! 「温泉」だけで「天然のお湯」という意味であり、 「天然温泉」は、「天然の天然のお湯」という意味になります。おかしいと思いませんか? これは、日本温泉協会の表記方法がおかしいことが、原因です。

また、かけ流し、循環湯に関わらず、レジオネラ菌対策として殺菌剤(次亜塩素酸ナトリウム、二酸化塩素など)を投入する施設が多くなっています。特に循環湯の場合はレジオネラ菌対策として有効な手段ですが、必要以上に投入することにより、源泉の香りをかき消し、泉質を変化させ漂白作用による肌への負担など、温泉に入る意味をなくしていることがあります。 温泉に行ったのにプールの臭い、漂白剤の臭いしかしないなんておかしなことだと思いませんか?まずは湯船、配管、循環装置の清掃をこまめにすべきであり、これを行わずに殺菌剤を大量投入をするのは、温泉を扱う資格もないと考えます。

温泉の効能
普通のお風呂では疲れが取れる程度の効果ですが、温泉にはたくさんの物質が溶け込んでいるため、
いろいろな病気や症状に効果があります。一般的には以下のような効果があり、泉質別に特有の効果がある場合もあります。

【主な効果】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え症、
きりきず、やけど、慢性婦人病、 リウマチ 、疲労回復、慢性皮膚病


【入ってはいけないとき】
急性疾患、結核、悪性腫瘍、心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、妊娠中

主な泉質 主な特徴と効能
単純泉 特に多いイオンはなく無色・透明なお湯。湯触りが軽いが、効能は期待薄。
二酸化炭素泉 二酸化炭素がとけ込み炭酸飲料のような泡がでる。胃腸病に効果あり。
塩化物泉 塩分が溶け込み無色または黄褐色。いわば海水の温泉。冷え症効果大。
硫黄泉 硫黄臭、硫化水素臭。主に乳白色か透明。美肌、胃腸病。殺菌効果。
含鉄泉 鉄などの金属物質を含み、貧血などに効果 がある。
炭酸水素塩泉 重曹泉。お湯はなめらかでツルツル。美人の湯。胃腸病、婦人病、子宝に効果。
硫酸塩泉 無色、黄褐色、緑褐色。便秘、糖尿病、高血圧、胃腸病など。
Al-硫酸塩泉 ミョウバン成分がとけ込む。眼病、美肌効果。
酸性泉 酸性のお湯で皮膚病に効く。皮膚炎、水虫などに。
放射能泉 ラジウム、ラドンなどの放射能物質による内臓疾患に効果大。
 
源泉の種類
温泉に入るときに、泉質は気にしていませんか?
泉質によって効能は様々です。
浴場の入口や脱衣所に温泉分析表が掲示されているのに気がついていますか?
ちょっと気にかけて温泉分析表を見てみてはどうでしょう。
温泉分析表は以下の項目が書かれています。

  • 温泉地名・・・・・・・・・温泉地の名前(温泉の湧く地域の総称)
  • 源泉地名・・・・・・・・・源泉の名称(温泉地にある個々の源泉名)
  • 泉質・・・・・・・・・・・成分の割合により決定した泉質名
  • 泉温(源泉)・・・・・・・源泉の温度
  • 泉温(使用位置)・・・・・湯船に入れるときの温度
  • 含有成分・・・・・・・・・温泉1kg中に溶けている陰イオン、陽イオンの成分
  • 蒸発残留物・・・・・・・・温泉1kgを蒸発させたときの残留物量
  • 水素イオン濃度・・・・・・温泉の水素イオン濃度(PH)(酸・アルカリの度数)
  • 分析年月日・・・・・・・・温泉を分析した日付
  • 分析者・・・・・・・・・・分析した機関、および責任者(主に保健所、薬剤師協会など)

  • この分析書ですが、古い施設では何十年も昔のものが掲げられています。現在の温泉法では、一回温泉と認められれば定期的な分析を行う必要がないので古いままなのです。しかし、温泉は生き物で年月が経てば成分も温度も変わってきます。 ですから、源泉が枯れて、代わりに水道水を入れていても、温泉と言い続けることもできるわけです。 このような現状では温泉の情報が利用者に明確ではないので定期検査を義務づけるべきです。

    お湯に浮いている微粒子や湯船の端についているものは湯花といい、温泉に含まれるイオンが結合または、酸化して結晶化したものです。
     


     


    温泉バカ一代