小江戸川越温泉 小江戸はつかり温泉

〒350-0013 埼玉県川越市渋井26-1
TEL:046-230-4126 FAX:
http://www.41-26.com/kawagoe.html
画像

川越市南東部の国道254号線沿いにある日帰り温泉施設(スーパー銭湯・蔵の湯:繁田醤油運営)。地下1700m掘削して湧出した温泉は褐色の化石海水系。加温かけ流しだが塩素殺菌によりヨード臭と混ざり独特の香りが気になる。内湯は温度の違うタイル張りの長方形の湯船が2つあり露天風呂が見える。露天風呂は池の周りに銘石を配した温度の違う源泉湯船が2つと井水利用の壺湯、寝湯、滝見風呂がある「ざぶ〜んの湯」と、小川のせせらぎを聞きながら入ることができる「さらさらの湯」が日替りの男女交代制。「ざぶ〜んの湯」は屋根の上の樽に水をためて一気に流すというアトラクション的造りは苦笑するしかない。テレビが設置され大音量で露天風呂に響き渡り、湯船の底がコンクリートむき出しであるなど雰囲気に劣る。朝8時〜9時、夜11時〜12時では朝・夜風呂料金(580円)で割安で利用できる。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★
眺め ★★★
雰囲気 ★
料金 ★★★
総合 ★★
泉質

ナトリウム・塩化物泉

温度

37.8℃

PH

7.7

成分

5770mg/kg

時間

AM8:00〜翌AM1:00

定休

無休

料金

800円

宿泊

種類

内湯、露天風呂、サウナ、岩盤浴

方式

かけ流し(消毒あり)

設備

休憩室、食事処、マッサージ、アカスリ、エステ、ヘアサロン

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 
おすすめスポット

小江戸めぐり

川越藩の城下町として栄え、江戸の衛生都市として江戸文化に直接影響を受けた。今も各所に黒漆喰の蔵が残り別名蔵の町とも呼ばれる。時計台「時の鐘」、喜多院、氷川神社、サツマイモ銘菓など江戸文化と情緒あるれる町。 小江戸川越観光協会

川越のラーメン

川越・本川越・川越市の各駅周辺に点在するラーメン店はどれも個性派で新たなラーメン激戦区。 ラーメンデータベース

温泉へGOマップ

車で行くには?

関越道川越IC→R16→R254富士見川越道路→渋井交差点手前

電車で行くには?

JR川越線南古谷駅→西武バス城北埼玉高校入口前下車東武東上線上福岡駅下車→西武バス城北埼玉高校入口前下車

温泉バカ一代