千鹿谷鉱泉 千鹿谷鉱泉旅館

〒369-1505 埼玉県秩父市上吉田2148
TEL:0494-78-0243 FAX:0494-75-0225
画像

千鹿谷(ちがや)鉱泉は秩父七湯の一つであり永禄12年に日尾城主諏訪部氏の療養の湯とされた歴史ある鉱泉で自然湧出している。秩父市街より群馬県境に向かう山里にあり、通りより山際に入った一軒宿で昭和時代の時間が止まったかのような鄙びさを感じることができる。内湯のみの浴室も長方形のタイル張りで洗い場は板張り、岩の湯口ではパイプがむきだしなど鄙びさ満点である。お湯は加温循環しているが、入った瞬間から滑らかさを感じることができるすばらしい湯であり、とろみ感が強いヌルスベ系美人の湯。蛇口を押すと源泉自体も出るようになっている。景色は眺められないが、脱衣所から沢の流れを眺めることはできる。休憩利用も可能な秩父随一の名湯だ。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★
雰囲気 ★★★
料金 ★★★
総合 ★★★★
泉質

温泉法不適合

温度

13.4℃

PH

9.2

成分

410.3mg/kg

時間

AM10:00〜PM8:00

定休

無休

料金

600円

宿泊

7350円〜

種類

内湯

方式

循環

設備

旅館

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 飲泉 
おすすめスポット

和久井酒造

万延元年(1860年)創業の秩父の酒蔵。新潟出身の初代が秩父に創業し、吉田川近くに涌く石清水を仕込み水にした辛口の「慶長」ほか銘酒がある。和久井酒造

秩父そば

父は蕎麦の街。蕎麦の栽培に適した土地柄のため地粉を使用したこだわりの蕎麦店が多数あり、秩父そばの会を結成している。秩父そばの会

温泉へGOマップ

車で行くには?

関越道・花園IC→R140→小鹿野町方面
圏央道・狭山日高IC→R299→小鹿野町方面

電車で行くには?

西武池袋線西武秩父駅下車→西武バス15分
JR高崎線熊谷駅→秩父鉄道皆野駅下車→西武バス15分

温泉バカ一代