奥鬼怒温泉 ホテル加仁湯

〒321-2717 栃木県日光市川俣871
TEL:0288-96-0311 FAX:0288-96-0927
http://www.naf.co.jp/kaniyu/
画像

奥鬼怒温泉郷・加仁湯は文政年間から沢蟹が多く生息していたことから蟹湯と呼ばれ湯治場として栄えていた。しかし、明治期の水害で埋没し昭和に入って初代館主(小松氏:平家末裔)が再発見しその後湯治宿として発展、名前も加仁湯と改めた。狭い渓谷に大きな和風旅館な佇まいであるが、館内は昭和時代的な古さを感じるホテルのつくりは残念。渓谷脇に作られた露天風呂は巨岩を配した風情ある作りであるが眺めはそれ程良くはない。その他女性専用や貸切露天があり渓谷美を眺めながら入れる。内湯は御影石で作られた角形の湯船だ。お湯は5つの源泉を混合したもので、硫黄の香りが心地よいまろやかな湯でスベスベ感抜群。湯上がりのスベスベ感は極上。宿泊者は女夫淵温泉より送迎バスがあるが日帰りは徒歩でしか行けない秘湯。しかしこの山奥でホテルという佇まいなのは本当に残念でならない。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★★
雰囲気 ★★★★
料金 ★★★★
総合 ★★★★
泉質

含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

温度

53.8℃

PH

6.3

成分

1561mg/kg

時間

AM9:00〜PM3:00

定休

無休

料金

500円

宿泊

10650円〜

種類

内湯、露天風呂(混浴、女性)、貸切露天

方式

かけ流し

設備

ホテル、宴会場、長久記念館

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 
おすすめスポット

奥鬼怒ハイキング

鬼怒川上流部、女夫淵駐車場より鬼怒沼まで渓谷に沿ってハイキングコース。カッタテの滝やヒナタオソロシの滝など大自然を感じながらのトレッキングは最高。

平家落人の里

壇ノ浦の戦いに敗れた平家一門が落ち延びたとされる日光市栗山地区(旧栗山村)には、落人の生活様式が今に残っている。湯西川温泉の茅葺きや平家の里など平家にまつわる史跡や名所が多数点在。栗山村へおいでよ

温泉へGOマップ

車で行くには?

東北道宇都宮IC→日光宇都宮道今市IC→R121→県道23号→女夫淵→徒歩70分(宿泊者送迎あり)
東北道宇都宮IC→日光宇都宮道日光IC→霧降高原有料道路→県道23号→女夫淵→徒歩70分(宿泊者送迎あり)

電車で行くには?

東武日光線鬼怒川温泉→市営バス女夫淵行き100分→徒歩70分(宿泊者送迎バスあり)

温泉バカ一代