女夫淵温泉 女夫淵温泉ホテル

〒321-2717 栃木県日光市川俣880-2
TEL:0288-96-0001 FAX:0288-96-0004
画像

鬼怒川上流部、奥鬼怒スーパー林道入り口にある女夫淵駐車場の真向かいにある大規模温泉ホテル。平家落人である男女がこの地で再会し鬼怒沼に向かったという伝説がある。日帰り入浴は専用入り口でカードを購入して改札から入るというスタイルで、12種類の大露天風呂が楽しめる温泉。湧出量1200L/分を誇り、川沿いに巨岩を配した混浴露天風呂と女性専用露天風呂が点在し、深い渓谷美と鬼怒川の流れを堪能できる絶景がある。お湯はやや硫化水素の香りのするまろやかな透明の湯で大きめの白い湯花が舞う。夏期限定の温水プール「人魚の湯」があるがプールというより超巨大露天風呂という感じの圧巻の広さ。また、大黒天の湯に作られた洞窟風呂のなかには「御神体」があることが笑える。内湯は正方形の清潔感のある作りだ。この大自然の中でホテルの近代的佇まいはやや残念な気がする。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★★★
雰囲気 ★★★★
料金 ★★
総合 ★★★★
泉質

ナトリウム・塩化物泉

温度

52℃

PH

6.5

成分

1516mg/kg

時間

AM8:30〜PM3:00

定休

無休

料金

1000円

宿泊

13000円〜

種類

内湯、露天風呂(12種)

方式

かけ流し

設備

ホテル、レストラン、土産

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 
おすすめスポット

奥鬼怒ハイキング

鬼怒川上流部、女夫淵駐車場より鬼怒沼まで渓谷に沿ってハイキングコース。カッタテの滝やヒナタオソロシの滝など大自然を感じながらのトレッキングは最高。

平家落人の里

壇ノ浦の戦いに敗れた平家一門が落ち延びたとされる日光市栗山地区(旧栗山村)には、落人の生活様式が今に残っている。湯西川温泉の茅葺きや平家の里など平家にまつわる史跡や名所が多数点在。栗山村へおいでよ

温泉へGOマップ

車で行くには?

東北道宇都宮IC→日光宇都宮道今市IC→R121→県道23号→女夫淵
東北道宇都宮IC→日光宇都宮道日光IC→霧降高原有料道路→県道23号→女夫淵

電車で行くには?

東武日光線鬼怒川温泉下車→市営バス女夫淵行き100分

温泉バカ一代