喜連川早乙女温泉

〒329-1414 栃木県さくら市早乙女2114
TEL:028-686-4126 FAX:
http://www.soutome-on.com/
画像

喜連川市街地・温泉郷からはずれた山奥にある簡素な木造の温泉。脱衣所も浴場も鄙びているが、それにも増して硫黄臭が漂う館内にとても期待が膨らむ雰囲気を感じる。
浴槽は岩風呂風の半露天風呂が一つのみであるがログハウス風の開放感があふれた作りである。硫黄臭+石油臭のする独特の香りは初めて体感する臭い。そして塩分も非常に多い濃い温泉であり塩辛い味も凄まじい。多量の硫黄を含み、さらにその他の成分を多量に含む温泉は数少ない。お湯は朝は透明エメラルドグで白い湯花が舞い、夜になると乳白色に変わるので時間別の入浴を楽しみたい。
料金1000円はやや高いが、この平地でこれほどの硫黄に巡り会えるなら、近所であれば毎日・毎週通いたくなる魅力的な温泉だ。良い意味で鄙びた温泉になってほしい。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★★★
雰囲気 ★★★
料金 ★★
総合 ★★★★
泉質

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

温度

73.4℃

PH

7.6

成分

15848mg/kg

時間

9:00〜21:00

定休

不定休

料金

1000円

宿泊

種類

半露天風呂

方式

かけ流し

設備

休憩室、食堂、有料個室

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 
おすすめスポット

桜の名所

旧氏家町と旧喜連川町が合併してできたさくら市は桜の名所である。勝山城址、鬼怒川堤防の桜堤、早乙女の桜並木、お丸山公園など名所が多数ある。

八方ヶ原

レンゲツツジの群生が見事な日光国立公園内の高原。矢板市北部にあり、ハイキングやキャンプなども楽しめる。

温泉へGOマップ

車で行くには?

東北道・矢板IC→R4氏家方面→喜連川温泉

電車で行くには?

JR東北本線(宇都宮線)氏家駅下車→東野バス喜連川温泉方面・馬頭小川方面行き→「谷中入口」下車徒歩10分。
氏家駅から専用無料送迎バスあり。

温泉バカ一代