東京天然温泉 古代の湯

〒124-0022 東京都葛飾区奥戸4-2-1
TEL:03-5654-2611 FAX:
http://www.kodainoyu.jp/
画像

東京・新小岩にある日帰り温泉施設。新小岩自動車学校に併設された形で、最寄りの駅から送迎バスも出ている。温泉は東京独特の化石海水温泉で地下1700メートル掘削して湧出した非常に濃いお湯であり、やや黄色みがかった良く温まる泉質である。内湯は横に広いタイル張りの湯船があり広々とくつろげ、そのほか、ジャグジー、檜風呂、歩行湯もあるが、檜風呂と歩行湯は真湯で塩素臭が酷いのは残念。露天風呂は豪快に流れ落ちる三段の岩風呂浴槽があり打たせ湯のお湯が豪快だ。住宅地の真ん中であるため景色はなく壁につくられた滝を見て入ることはできる。雰囲気は悪くはないが特徴はなく、料金が非常に高いのは残念。また、なぜ温泉名を地名ではなく「東京天然温泉」というなんとも抽象的な名前にしてしまったのかは完全に疑問だ。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★
眺め ★★
雰囲気 ★★
料金 ★
総合 ★★
泉質

ナトリウム・塩化物強塩泉

温度

41.8℃

PH

成分

33650mg/kg

時間

AM10:00〜翌AM8:00

定休

無休

料金

2565円

宿泊

種類

内湯、露天風呂、サウナ

方式

循環

設備

休憩室、食事処、宴会、マッサージ、エステ

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 
おすすめスポット

亀有

漫画・こちら葛飾区亀有公園前派出所でお馴染みの亀有駅前には両津勘吉の銅像がある。ちなみに亀有公園前派出所という交番は存在しないが、亀有駅前交番には、両津勘吉がいるような気にもなる。

柴又帝釈天

映画・男はつらいよで有名な帝釈天は正式には経栄山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)という。1629年日忠の建立。日蓮上人が彫ったとされる帝釈天を本尊としているため帝釈天と呼ばれることが多い。柴又帝釈天

温泉へGOマップ

車で行くには?

首都高速平井大橋IC→新小岩自動車学校方面

電車で行くには?

JR総武線・新小岩駅下車→無料送迎バス

温泉バカ一代