蔵王温泉 下湯共同浴場

〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉30-2
TEL:023-694-9328 FAX:
http://www.zao-spa.or.jp/
画像

古くから湯治場として栄え、奥州三高湯の一つに数えられる蔵王温泉の共同浴場。PH1.3〜1.4という強酸性にも関わらず、明礬成分が含まれているため、肌がなめらかになる美人の湯。蔵王温泉街に三つある共同浴場(上湯、下湯、川原湯)のうちの一つで、上湯に向かって、お建ち並んでいる旅館の合間にある。湯気のたちこめる昔ながらの木でつくられた湯船は暖かみがあり、湯治場の雰囲気を味わえる。体に染み渡る強酸性の湯と硫黄の香りに癒される名湯だ。入浴料は200円と安く料金箱にお金を入れるというのどかな方法である。入り口には温泉が流れるオブジェクトもあり、名物となっている。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★★★
眺め ★
雰囲気 ★★★★
料金 ★★★★★
総合 ★★★★★
泉質

酸性・含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

温度

49.7℃

PH

1.35

成分

7119.2mg/kg

時間

6:00〜22:00

定休

無休

料金

200円

宿泊

種類

内湯

方式

かけ流し(一部加水)

設備

なし

なし 
おすすめスポット

霞城公園(山形城址)

最上家五十七万石の城下町として栄えた別名霞城。戦国大名として名を馳せた最上義光の資料館もある。

蔵王・御釜

蔵王連峰、熊野岳・刈田岳・五色岳に囲まれた火山湖。エメラルドグリーンの湖水は神秘的。
また、蔵王の針葉樹に風雪が吹き続けてできる冬の風物詩「樹氷」。いろいろな形に姿を変える不思議さを一度は見てみたい。

温泉へGOマップ

車で行くには?

山形道・山形蔵王IC→R286→R13→蔵王温泉

電車で行くには?

JR山形新幹線・奥羽本線山形駅下車→バス・タクシー40分

温泉バカ一代