丹波山温泉 のめこいの湯

〒409-0306 山梨県北都留郡丹波山村778-2
TEL:0428-88-0026 FAX:0428-88-7022
http://www.vill.tabayama.yamanashi.jp/
画像

山梨と東京の中間点に位置する山深い丹波渓谷にあるログハウス風な公営日帰り温泉施設。丹波川にかけられた吊り橋の先に温泉があり、和風風呂とローマ風呂が日替わり制。和風風呂は檜で湯船を覆った長方形の湯船が2つと岩風呂風露天風呂がある。ローマ風呂では六角形の浴室に赤御影石の変形湯船とドーム型湯船があり露天風呂はローマ風な湯口が特徴の石風呂。温泉はとろみのある硫黄泉でスベスベ感(「すべすべ」を丹波山方言では「のめっこい」という)が強い。湯口では源泉が注がれ浴槽内で循環し、塩素臭が酷く臭う。源泉(湯口)では硫黄の香りが心地よいが、浴槽内ではその香りを全く感じることはできない。湯量(214L/分)も多く温度も高いにもかかわらず循環し、スベスベ感は維持されているものの素晴らしい源泉の香りを全て消してしまっては魅力は半減。囲いが高く清流を眺められないのも残念だ。

画像
この温泉の評価
泉質 ★★★
眺め ★★★
雰囲気 ★★★
料金 ★★★
総合 ★★★
泉質

硫黄泉

温度

44.3℃

PH

9.6

成分

239.8mg/kg

時間

AM10:00〜PM7:00

定休

毎週木曜

料金

600円

宿泊

種類

内湯、露天風呂、サウナ

方式

循環

設備

休憩室、レストラン、多目的ホール、加工実習室、温泉スタンド

リンスインシャンプー ボディソープ カラン シャワー 体重計 ドライヤー 
おすすめスポット

水源公園村営釣り場

渓流に放流されたニジマス、ヤマメを釣ることができ、バーベキュー等にも最適。また、丹波川にも多くの釣り客に人気の渓流。

丹波山渓谷

黒川金山に集めれた遊女が金山閉山のために口封じのために淵に沈めたという「おいらん淵」や一ノ瀬高原や柳沢高原の紅葉、新緑はすばらしい。

温泉へGOマップ

車で行くには?

圏央道青梅IC→青梅街道→丹波山村
中央道八王子IC→R411奥多摩→丹波山村
中央道勝沼IC→R411塩山→丹波山村

電車で行くには?

JR青梅線奥多摩駅下車→西東京バス55分

温泉バカ一代